治療の期間

歯磨きをする女性

歯の健康は、すべての人が普通の食生活を送れるようにというところが大きな目的となっていますが、歯並びが悪いと普通に食事していてもかみ合わせの悪さから胃に食べ物が入る手前で十分な咀嚼が成されない状態で入るため、胃に負担をかけることで他の病気を併発する場合が多いです。そこで歯の矯正を進める医師は、矯正を専門とする歯科口腔外科を持つ病院と連携している場合があります。基本的な歯の治療には町医者でも問題ないですが、矯正となると外科的要素が強くなる場合があり、歯科医との相談が大切になります。特に高齢者の場合、歯科医療福祉が大切であり生活状態改善に大きな役目になるのが、歯の予防を含め、矯正歯科の範囲になります。

歯の治療の中でも矯正を伴う治療は、通常の虫歯治療と違い、直実生活に影響を与えることになるため医師と衛生士、技工士の意見を良く聞く必要があります。歯のかみ合わせが体全体への影響は大変高いことが言えるのです。多くの歯科医は、口腔外科とも連携が取れているので歯科医に相談すれば矯正が必要な理由とその治療後の歯磨きの仕方や食事、栄養面などトータルで考えてくれるところが多いです。歯に関する医療福祉面から見ても特に子供と高齢者への配慮がなされていることに気が付くのです。子供は、歯の健康が成長に繋がること、高齢者は、歯の健康が長生きの秘訣になること等が大きく関与しているためでもあります。セカンドオピニオンも考慮して歯並びが悪い場合は、いくつかの歯医者に係ることも大切です。